心療内科のよい選び方は?事前にチェックしておきたいポイントはこの3つ!

病院の雰囲気は必ずチェックしておこう

心療内科を選ぶときは、まず病院の雰囲気をチェックしましょう。院内の雰囲気は、医師や看護師、事務スタッフのパーソナリティによって大きく変わることが多いです。初診で病院にかかったときに何となく嫌な感じがする病院は、自分との相性がよくない可能性があります。このような病院は、通うことでストレスが増えてしまうことが考えられるため、評判がよくても通院するかどうかを慎重に判断しましょう。

勧められる治療法も大切なチェックポイント

心療内科で勧められる治療法は、医師の診断や病院の方針によって異なるケースが少なくありません。実際、患者さんにうつ症状などがある場合、主に薬物療法で治療を行う病院もあれば、カウンセリングなどのメンタル面へのアプローチを中心に治療を進める病院もあります。迷ったときは、自分が希望する治療が受けられる病院を選びましょう。例えば、薬での治療に抵抗を感じる場合は、カウンセリングに力を入れている病院を選ぶのがよい方法です

通いやすい病院を選ぶことも大切

心療内科に通院する予定がある場合、「家から近い」や「駅からアクセスがしやすい」などの通いやすい病院を選ぶことも大切です。心療内科で扱う病気や症状は、治療が長引くこともしばしばあります。そのため、通いやすい病院を選ばないと、通院をするだけで大きなストレスを抱えてしまうことが考えられます。診療の曜日や受付時間なども、事前に調べておきましょう。土日祝日や夕方以降も診療を受け付けている病院なら、平日勤務の会社員でも通いやすいかもしれません。

心療内科を名古屋で探している場合は、駅周辺にある病院を選ぶと便利です。うつ病やパニック障害などを治療するときに通院のしやすさが重要になるので、その点を意識するとスムーズに症状の改善を目指せます。